2010年01月28日

赤ちゃんに安心な水の条件3「温度」

赤ちゃんに安心な水、特にミルク用の水、お湯で大切なのは、「温度」です。

赤ちゃんは、大人よりも温度に敏感です。

ミルクを飲む赤ちゃんには、冷たすぎる水や、熱すぎるお湯は、
唇や舌、口の中にも、胃や腸の内臓にも刺激が強すぎます。

ですから、粉ミルクの温度は、人肌程度の40度くらいが適温と言われています。

ミルクを作るときには、70℃以上の、
煮沸後、少し冷ましたお湯を、必要量の2/3だけ哺乳瓶に入れて、
その中に粉ミルクを入れて、まずよく振って溶かします。

その後、お湯か湯冷ましを必要量まで足して、
冷たい水につけるか、流水で人肌程度の40度まで冷まします。

子供が産まれるまで、ミルクを作るのがこんなに大変だとは思いませんでした。

1日に何度もなので、慣れれば容量も分かってくるのですが、
初めの頃は、なぜこんなに面倒なのかと思っていました。

同じく、風呂上りに水や白湯や麦茶をあげるときも、
冷たすぎない、常温に近いものを与えるといいですね。

posted by 水マニア at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんに安心な水の条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144652192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。